ブログ

【WordPress】サイトマップの作り方【画像付きで簡単です】

【Wordpress】サイトマップの作り方【画像付きで簡単です】

どうも、音無です。

日々ブログを書いていると、記事がだんだん増えていきますよね?

しかし、記事だけ増えても検索エンジンに認識してもらわなければ困るはず。

そのような時に必要になってくるのが、「サイトマップ」になるんです。

とはいえ、サイトマップの作り方を知らない方や、毎回手動でアップロードするには面倒であると思う人もいるでしょう。

そこで役に立つのが、「Google XML Sitemaps」と言うプラグインです。

具体的にどのような効果があるのかと言うと、下記の通りです。

・記事を公開すると、サイトマップを自動生成する

・Googleの基準に沿ったサイトマップを作ってくれる

・サイトマップが生成されると、自動で検索エンジンに通知をする

・サイトマップに認識、あるいは除外を選択できる

・サイトコンテンツの更新頻度・優先順位を指定できる

正直、Google XML Sitemapsを使えば、自動でサイトマップを生成してくれるので楽ですね。

そこで今回は、WordpressでGoogle XML Sitemapsを使用しての、サイトマップの作り方をご紹介します。

WordPressでサイトマップの作り方

Wordpressでサイトマップの作り方

一度作ってしまえば、後は自動でサイトマップを生成してくれるので、非常に楽ですよ。

Google XML Sitemapsとは?

Google XML Sitemapsですが、ウェブ上のクローラーにブログを巡回してもらうためのプラグインになります。

クローラーはウェブサイトを巡回し、検索エンジンに反映する役割を持っているんですよ。

そのことから、もしサイトマップを設定、あるいは手動でアップロードをしていないと、記事を公開してから検索結果に反映されるまで時間がかかる場合があるんです。

なので、スムーズにあなたのブログを巡回してもらい、検索エンジンに認識してもらうことを目的として、Google XML Sitemapsの設定が必要になるわけです。

Google XML Sitemapsのインストール方法

インストールの仕方は、下記の画像の通りにすれば、簡単にできますよ。

WordPressの管理画面から、「プラグイン⇒新規追加」をクリックします。

すると、プラグイン追加画面が表示されるので、右上のキーワードにインストールしたいプラグイン名を入力します。

今回なら、「Google XML Sitemaps」をそのままコピーして貼り付ければOKです。

その後、Google XML Sitemapsのプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」をクリックしてください。※私の場合は既にインストールをしているので、表示されていません。

インストールが完了すれば、後は「有効化」をクリックして完了です。

Google XML Sitemapsの設定方法

Google XML Sitemapsをインストールすれば、次に行うことは設定です。

WordPressの管理画面にある「設定」の中に、「XML-Sitemap」が追加されているので、クリックをします。

すると、設定画面が表示されるので、順番に設定を行っていきます。

ちなみに、設定項目は下記の5ヵ所です。

1.基本的な設定

2.投稿の優先順位

3.Sitemap コンテンツ

4.更新頻度の設定(Change Frequencies)

5.優先順位の設定

それでは、1つずつ設定を行っていきましょう。

1.基本的な設定

基本的には、画像に示す赤で囲った場所にチェックが入っていれば問題なしです。

重要なのは、基本的な設定画面の上3項目ですね。

冒頭の2つは、「GoogleとBingに通知」してくれる項目です。

3つ目の「サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加」にチェックを入れると、サイトマップの場所を正確に伝えることができます。

重要なので、チェックが入っていることを確かめてくださいね。

2.投稿の優先順位

投稿の優先順位では、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れておいてください。

理由は、この後説明をする「優先順位」に関係があるからです。

3.Sitemap(サイトマップ) コンテンツ

ここでは、サイトマップに含めるコンテンツを登録できます。

画像の赤で囲っている場所は重要なので、チェックは必ず入れておいてください。

チェックを入れる場所

・ホームページ

・投稿(個別記事)を含める

・カテゴリーページを含める

・最終更新時刻を含める

4.更新頻度の設定(Change Frequencies)

Change Frequenciesでは、「検索エンジンにサイトマップの更新頻度を通知できる設定」が行えます。

クローラーが必ず設定した通りに来るわけではありませんが、記事の更新に合わせて設定しておくことがおすすめです。

もし、更新頻度をどうすればよいのか分からないのであれば、画像に示す通りに設定するといいですよ。

5.優先順位の設定

ここでは、サイト内の他のURLと比較して、優先順位を設定することができます。

数字の1.0(重要)から0.1(重要ではない)の範囲で、0.1刻みで設定ができますよ。

ここでも、「更新頻度の設定」同様、同じ項目の重要度を高めに設定しています。

「更新頻度の設定」にて画像通りに更新頻度を設定した場合、こちらも画像通りに設定してあげればOKです。

Google Search Consoleにサイトマップを追加する

サイトマップを作り終えたら、次にGoogle Search Console(通称:サーチコンソール 旧称:Webマスターツール)に、ログインをして追加をする必要があります。

※グーグルサーチコンソールの登録をしていない方は、【WordPress】サーチコンソールの登録方法【画像付きです】の記事にて方法を説明してますので、参考にどうぞ。

追加の仕方は、下記の画像の順番通りです。

一つずつご説明をしますね。

まず、サーチコンソールにログインをしたら、「サイトマップ」をクリックします。

次に、新しいサイトマップの追加にあるURLの入力場所にて、「sitemap.xml」と入力して送信します。

もし、送信してもエラーが出る場合は、「index.php?xml_sitemap=params=」を入力して送信してみてください。

送信したサイトマップに「成功しました」と表示されたら完了です。

これで、新たに記事を公開した場合でも、自動でサイトマップを生成してくれます。

以上、Wordpressでサイトマップの作り方でした。