防災の備え

台風が近づくと水が売り切れるので常備必須だね

今回、台風10号(ハイシェン)が日本に近づいているせいか、ドラックストアから水がきれいになくなっていました。

厳密にいうと、単品の水が売り切れていただけで、ケースの水は残ってたかな。

なんでも、猛烈な勢力に発達して沖縄に接近しているらしい。

滝のような非常に激し大雨が降るらしいので、それに備えているのだと思う。

去年もそうだったけど、ここ最近は台風が近づいてくると水が売り切れている傾向にあります。

もしかしたら、気が付かなかっただけで昔から売り切れていたのかも…。

まぁ、とりあえず、「台風接近→水が売り切れる」が目立つようになったかな~と感じている次第。

台風が近づくと水はどこにも売ってない

最近の台風は各地で被害が甚大になるので、近づいてくると水を買う人が多くなったと感じますね。

現に、去年の台風19号(ハギビス)は関東地方で甚大な被害が出て、「水がどこにも売っていない…」とコメントしている人がいましたから。

そうしたニュースを目にした人が、念のために水を購入しているのかも。

ちなみに、私も水は常に備えていて、箱で6ケースほど置いています。

と言うのも、台風で停電と断水をした経験があるので、備えるようにしているんです。

あと、地震で停電と断水の経験があるのも理由です。

台風とか地震の発生直後では、どこにも水が売っていないんですよ。

昔に10件ほどコンビニとかドラックストアを回ったんですけど、本当にないです。

水はもちろんのこと、カップ麺やパン、おにぎりとかもありませんでした。

やはり、簡単に食べれるものや水は災害が発生するとなくなるのが早い…。

台風が近づくと水がなくなるので日頃から常備は必須

とまぁ、ある程度は災害の発生に備えて、水の備蓄は常日頃からしておくことが安定。

もちろん、カップ麺とか缶詰などもあればいいですね。

水があれば生きることはできますけど、やはりお腹はすきますから。

後、カップ麺を備えるなら、カセットコンロは欲しいところ。

お湯を沸かす手段がないと、流石にカップ麺は食べにくい…。

ちなみに、去年の台風19号のときは、カセットボンベが売り切れていたかな。

興味のある方は、台風19号のときに売り切れていた商品を記事にしているのでご参考に。

台風が接近してきたときに買いに行ってあればいいけど、ない時もあるので常時備えておきたいところですね。

そうすれば、売り切れていても焦ることがないので。