雑記

プリン3個、ヨーグルト4個入りで売り出されている理由があったんだね

どうも、音無です。

スーパーやコンビニなどで買い物をする際、プリン3個、ヨーグルト4個入りで売り出されているのを見たことがあると思います。

正直、深く考えたことはなかったのですが、きちんとした理由があったんです。

偶然テレビ番組を見ている時に知ったのですが、何と家族構成とお父さんが関係をしていたんです。

ちょっとした雑学になるのですが、今回はプリン3個とヨーグルト4個入りで売り出されている理由を書いていきます。

プリン3個、ヨーグルト4個入りで売り出されている理由とは

まぁ、少し可哀想な理由でした。

プリンが3個入りの理由

日本で初めてプリンがカップ入りで発売されたのは、1970年代の高度経済成長期でした。

そして、プリンが3個入りにどうしてなったのかと言うと、おやつとして『お母さん+子供2人』で食べるケースが多かったからのようです。

なぜなら、当時の家族構成は『お父さん、お母さん、子供2人』が一般的であったとのこと。

そして、1970年代のお父さんはと言うと、バリバリ仕事をしていた時代であったんです。

もちろん、現在もバリバリ働いている時代ですけどね。

なので、おやつとしてプリンを食べるとなると、お父さんは仕事で家を不在にしていました。

そのため、プリン=3個入りになったそうです。

ヨーグルトが4個入りの理由

プリンが3個入りで売り出されていることに対して、なぜヨーグルトは4個入りなのか。

それは、ヨーグルトは朝に食べる機会が多かったからのようです。

朝に食べる機会が多いと言うことは、4人家族で考えた場合、お父さんが出勤前で家に居ることが想定されています。

そのため、ヨーグルト=4個入りになったようですね。

プリン3個、ヨーグルト4個入りで売り出されている理由のまとめ

なぜ、プリンが3個入りでヨーグルトが4個入りなのか。

要は、お父さんが家にいるかいないかで考えられていた訳ですね。

中々面白い反面、なぜかお父さんが少し可哀想に思えてきましたよ。

何にせよ、プリンとヨーグルトの個数には意味があったと言うことです。

今回は以上