防災の備え

防災アプリは今後ダウンロード必須です【特務機関NERVは無料】

最近何かと地震が多いですが、皆さんは防災アプリをダウンロードして災害に備えていますか?

結論から言うと、まだしていないのであれば、自分や家族を守るためにダウンロードはしておくべきです。

理由は簡単で、いかなる時でも災害の情報を素早く得ることができるからです。

実は、9月1日の防災の日に合わせてITセキュリティー会社の「ゲヒルン」が、「特務機関NERV 防災情報アプリ」の提供を無料で開始しました。

アニメ、「新世紀エヴァンゲリオン」を知っている人であれば、特務機関NERVの防災情報アプリは気になるのではないでしょうか。

ちなみに、防災の日とは、1923年(大正12年)9月1日の11時58分頃に起きた関東大地震の教訓を活かし、制定された日のことになります。

防災アプリは今後ダウンロード必須です【特務機関NERVは無料】

特務機関NERV 防災アプリの内容は、気象庁が発表する地震・大雨・洪水・津波・特別警報などの防災情報を、利用者の現在地や登録した地域に基づいて提供してくれます。

プッシュ通知でも、位置情報・防災情報の種類・緊急度等によって、通知音やバイブレーションを行わない「静かな通知」「通常の通知」「重要な通知」に送り分けてくれますよ。

しかし、緊急地震速報(警報)や津波警報などの重大な通知は、マナーモードやおやすみモードに設定していたとしても、強制的に鳴動して知らせてくれます。(※重大な通知が不要の場合、iOS設定画面から通知の無効が可能)

「大雨危険度通知機能」を気象庁と共同開発

特務機関NERV 防災アプリには、「大雨危険度通知」という機能が搭載されており、気象庁と協力をして開発したとのこと。

大雨危険度通知機能は、登録した場所の洪水や土砂災害の危険度を知らせてくれます。

その他、様々な防災情報を一つのアプリで受信できますよ。

以前はiPhone版のみでしたが、現在はAndroid版でも提供されているので、すぐにダウンロードが可能です。

なお、アプリの利用料は無料です。

防災に対する備えは、どれだけしていても無駄にはなりません。

なので、特務機関NERV 防災アプリを利用されてみてはいかがですか。

緊急時に、自分や家族の助けとなってくれるアプリとなるはずです。

特務機関NERV 防災アプリ公式サイト

なお、以下の記事には災害時に役立つ防災グッズについてまとめていますので、今後のご参考にしてください。