ゲーム

【絶体絶命都市2】選択肢が中々面白いゲームです

どうも、音無です。

最近、自然災害が各地で多発していますね。

地震や大雨、台風など、その他にも様々な災害が発生しています。

そして、もし災害が身近で起きた時にすることと言えば、安全を確保するための行動です。

でも、皆さんは自然災害が起きた時、どのような行動をすることで対処できるかご存知ですか?

実は、『絶体絶命都市2』と言うゲームをすることで、災害が発生したときの対処法を学ぶことができるんですよ。

実際にプレイしたことのある人なら、このゲームで災害時の対処法を学んだ方は結構多いのではないかな。

まぁ、選択肢が結構面白くてネタ的要素も含まれていますが…。

ただ、実際に役立つ情報は多く盛り込まれています。

そこで今回は、「絶体絶命都市2 凍てついた記憶たち」をプレイしたときの事について書いていきます。

絶体絶命都市2 凍てついた記憶たち

「絶体絶命都市2 凍てついた記憶たち」は、2006年3月30日にアイレムソフトウェア エンジニアリング株式会社から発売された、プレステーション2(PS2)用ソフトのサバイバル・アクションアドベンチャーゲームです。

ストーリーとなる舞台は、架空の都市である富坂市。

富坂市は、地下空間を利用した地下都市計画「ジオフロンティア計画」によって急速に発展した都市です。

しかし、そんな富坂市を、突如発生した水害の脅威にさらされることに……。と言った感じのストーリーです。

何で水害が発生したかと言うと、富坂市では記録的豪雨が発生していて、ダムが決壊したからだそうです。

記録的豪雨と言うだけでも危ないのに、ダムまで決壊したら普通に家とか沈みますね…。

5人のキャラクターを操作してストーリーを進める

絶体絶命都市のゲームには5人の主人公がいて、一人のキャラクターをクリアすると次の主人公にストーリーが切り替わるんです。

各キャラクターを紹介すると、「篠原 一弥(大学4年生)」「佐伯 優子(大学2年生)」「柘植 明(タクシー運転手)」「西崎 佳奈(高校1年生)」の4人がいます。

最後の5人目は、「???」になっていました。

???の理由は、記憶喪失になった状態から始まるので、自分が何者か分からなかったからでしょうね。

ちなみに、名前だけ言ってしまうと「速水 祐司」と言う人物です。

絶体絶命都市2は選択肢が中々面白いゲームです

絶体絶命都市2は水害がメインなんですが、実際にプレイしてみると震災とも言える状況になっているんです。

なので、ストーリーを進めて行くと、所々で実際に災害が起きた時の対処法を学べるところが結構ありました。

例えば、一番最初に操作することになる 篠原 一弥と言う主人公の場合、壁にあいた穴から通り抜けようとする場面があるのですが、漏電していることに気が付きます。

ゲームと言う理由からかもしれませが、火花が散っていて漏電しているのが目で見えますよね。

ただ、実際の災害時なら目視で判断できるか分からないし、むしろ気が動転している可能性もあるので気にせずくぐり抜けようとするかもしれません。

しかし、もし電気が流れていて触れてしまえば、確実に致命傷になります。

ちなみに、私は教育の一環で指先だけ感電する体験をしたことがあるのですが、非常にビリビリして痛いんです。

電気風呂の強化版とでも言ったところかな。

電流は50Vぐらいで、最初は触れた指先だけ痛かったんですけど、後から腕自体が気だるくなってくるんですよ。

まるで注射をした後の気だるさでした。

少し余談になりましたが、「じゃあどうすればいいの?」と言ったとき、理想はブレーカーを落とす、あるいは別の道を探すになります。

この様な感じでストーリーを進めて行くので、身につくことが多かったです。

身につくことも多いがネタ的要素の選択肢も多い

非常に役立つことが身につく半面、ネタ的要素が多いんですよ。

簡単に言えば、不覚にも笑ってしまうようなことです。

ただ、考えさせられる内容も用意されています。

例えば、「これは実際にあるかもしれない…」と言う内容ですね。

どのような内容なのか気になる人がいるかもしれないので、ネタ的要素と考えさせられる要素を1つずつ紹介します。

ネタ的要素

この場面は、1人目の主人公 篠原 一弥がアルバイトをしていた所で料理長をしていた人が助けを求めているシーンです。

普通なら助けるだけで終わる流れだと思うのですが、絶体絶命都市2のゲームは一味違うんですよ。

上記の画像を見ていただければわかると思いますが、なぜか選択肢が出現。

そのうち、2つはもう「ネタだろ!」と思わせるような内容ですよね。

こんなの、申し訳ないですが笑ってしまう…。

ちなみに、私は「料理長の帽子を取る」を選択しました。

ここのシーンは、何を選んでも言葉が多少変わるだけで、結果は同じ内容になっていました。

考えさせられる要素

考えさせられる要素とはずばり、変質者です。

4人目の主人公「西崎 佳奈(高校1年生)」のストーリーは、彼女が通う学校が舞台になっています。

避難をする途中に女子トイレから物音がしたので、選択肢を選んで見に行ったんです。

すると、一つだけ使用されているトイレがあり声をかけてみると、出てきたのはいかにも怪しげな男ときました。

女子トイレの個室から出てきてるんですよ?危なすぎでしょ。

ちなみにこの人物は辺見と言う名前で、西崎さんが通う高校の教師です。

この後、追いかけられることになるので更に危険ですよ。

まぁ、「ゲーム内の出来事なので実際は大丈夫でしょ?」と思われましたか?

ただ、実際に災害が起きた時は治安が悪くなる傾向があるので、変質者ってでるんですよ。

事実、過去日本で起きた地震の時は様々な事件がニュースとなっていました。

日本で起きた大きな地震名と治安で検索すれば出てくるのでここでは書きませんが、相当ひどかったケースもあるそうです。

なのでこの出来事は、個人的に考えさせられるものがありましたね。

まとめ

「絶体絶命都市2 凍てついた記憶たち」をプレイすると、災害時の対処法が少なからず身につくゲームです。

まぁ、選択肢が面白い場面もありますが…。

ただ、「実際に災害が起きたらこのようなことが起こるかもしれない」と思わせる内容となってます。

なので、機会があればプレイしてもらいたいですね。

created by Rinker
アイレムソフトウェアエンジニアリング