ゲーム

MOTHER2 ギーグの逆襲の思い出【大人も子供も、おねーさんも。】

どうも、音無です。

前回、平成最高のゲームは『クロノ・トリガー』【間違いなく名作です】について書きましたが、ふと思い出したゲームがありました。

ゲームのタイトルは、『MOTHER2(マザーツー) ギーグの逆襲』 ですね。

なので今回は、MOTHER2 ギーグの逆襲のゲームについて書いていきます。

MOTHER2 ギーグの逆襲

MOTHER2の事を知らない方がいるかもしれないので、ザックリ解説していきます。

MOTHER2とは?

MOTHER2は、1994年8月27日に、任天堂から発売されたスーパーファミコン(SFC)用のロールプレイングゲーム(RPG)ですね。

中々の名作で、今でもMOTHER2の主人公が活躍されているんですよ。

何で活躍しているのかと言うと、『大乱闘スマッシュブラザーズ』のゲームに、『ネス』と言うキャラクターが参加しています。

そのネスが、MOTHER2の主人公なんです。

MOTHER2は、私が初めてスーパーファミコンと一緒に買ってもらったソフトでした。

なので、思い出深いゲームになるんですよ。

ストーリーの構成は、幼いながらも最後までクリアすることができる難易度です。

まぁ、わからない所もありましたが、それは色々知恵を絞ったり、ゲーム上のヒント屋さんを活用して切り抜けた感じですね。

MOTHER2を始めると、元SMAPのメンバーの名前が出てくる

最初にゲームを始めると、主人公の名前、そして仲間になるキャラクターの名前を決めることができるのですが、これが少し面白いんですよ。

デフォルトであれば、主人公が「ネス」、女の子が「ポーラ」、メガネをかけた子が「ジェフ」、いかにも拳法を使いそうな子が「プー」という名前になります。

ですが、キャラクターの名前をおまかせにすると、元SMAPのメンバーの名前が出てくるんです。

元SMAPメンバーの名前が出てくる理由ですが、当時MOTHER2のテレビCMでは、若かりし頃の木村拓哉さんが起用されていました。

恐らくその関係で、名前が出てくるんでしょうね。

また、発売当時はまだ森君がSMAPにいたのでしょう。

好きな献立に『もりソバ』との文字が出てきますよ。

MOTHER2の「カッコイイとおもうものは?」の質問はクセがある

各キャラクターの名前が決まったら、次に「カッコイイとおもうものは?」という質問が出てくるのですが、これがまたクセのある質問でした。

実は、ここで付けた名前が、ネスの『必殺技名』になるんですね。

例えば、敵との戦闘中、ネスは必殺技を出すことができます。

実はこの必殺技の名前は、「カッコイイとおもうものは?」で決めた文字になってしまうんです。

例:『ドラゴン⇒必殺技名、PKドラゴン』と言った感じです。

ちなみに、私が着けた名前は『ゴンザレス』ですね。

なので、最後までネスは必殺技を使うとき、『PKゴンザレス!』と叫んでいました。

しかしなぜゴンザレスにしたかと言うと、当時親戚のお兄さんから貰ったクロノ・トリガーと並行して遊んでおり、ゴンザレスと戦って15ポイント貯めてたんですよ。

なので、ゴンザレスと決めた次第です。

MOTHER2のストーリー

MOTHER2ですが、当時としては綺麗なドット絵で表現されていて、今でも違和感なく楽しめるゲームなのが良いところです。

ゲームの難易度は、小学生が気軽にプレイすることのできるやさしさなところもポイントですね。

難しければ、詰みますから。

とはいえ、場所によれば若干分かりにくい所もあります。

ですが、ゲーム内に『ヒント屋さん』がいて、お金を払うとストーリーを進めるにはどうしたらいいのか教えてくれるんですよ。

これは非常にありがたいですよ。

そして道に迷えば、オネットの図書館で貰える『地図』で、現在地がわかる配慮もされているので、至れり尽くせりですね。(ただ、文字が英語で書かれているのが難点でしたが・・・)

もし、MOTHER2をプレイしたことがないのであれば、体験してみてはどうでしょうかね?