ゲーム

【消滅】ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁をクリアできなかった過去の話

どうも、音無です。

ゲームをする方なら、『ドラゴンクエスト』(以降ドラクエ)を聞いたことがあるのではないでしょうか。

もしかすると、実際にプレイされたことのある方も多いかもしれませんね。

私が初めてプレイしたドラクエは、『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』になります。

後に、『ドラゴンクエストⅥ 幻の大地』もプレイすることになるのですが、実はドラクエシリーズは、2作しかプレイしたことがないんですよ。

しかも、まともにクリアできたのはドラクエⅥだけという現実。

では、なぜドラクエⅤをクリアできなかったのか。

それは、セーブデータがすぐに消えるからなんです。

まさに、消滅ですね。

まぁ、最後の方で説明したいと思います。

ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁をクリアできなかった過去の話

「説明しなくても知ってるよ!」と思われるかもしれませんが、一応どの様なゲームなのか、軽く説明しておきますね。

ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁は、1992年9月27日にエニックス(現スクウェア・エニックス)より発売された、スーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム(RPG)です。

天空三部作の一つで、主人公の父『パパス』・『主人公』・『主人公の子供』の3代に渡るストーリー構成になっています。

現在のドラクエシリーズでは定番になっている、「モンスターが仲間になるシステム」を初めて導入したのが、ドラクエVなんですよ。

私は、ドラクエVから始めたのでそれが普通のシステムだと思っていたのですが、違っていたんですね。

後、ドラクエⅤには二人のヒロインがいます。

幼なじみの『ビアンカ』に、とある町の大富豪の娘である『フローラ』です。

皆さんは、どちらを選ばれますか?

私なら、ビアンカを選びますね。

むしろ、ビアンカを選んでいました。

ドラクエVを進めて行く

私はストーリーの進行が遅かったですね。

なぜなら、レベル上げにほとんどの時間を使っていたからなんです。

例えば、幼なじみのビアンカと向かうことになるレヌール城と呼ばれる場所では、レベル10まで上げないと行かないようにしていました。

ちなみに、攻略本での推奨レベルは7なんですけどね。

また、古代の遺跡と呼ばれる場所に向かうときにも、時間をかけてレベル上げをしていました。

普通に攻略するだけなら、レベル10くらいでいけると思いますよ。

ですが、私はどうしてもリレミト(ダンジョンから脱出できる呪文)を覚えるまでレベル上をげたかったんです。

実際にプレイしたことのある方なら、何となく想像できているかもしれませんね。

要は、『ゲマ』と呼ばれる敵から逃れられると思ったからなんです。

しかし、無念にも呪文はかき消された

子供の頃の私は、これでゲマと戦わずに進められると思っていたのですよ。

「ふっふっふっ・・・ゲマさん、貴方と戦うことはない、さらばだ!」

「リレミト!」

ゲーム内コメント、「しかし 不思議な力でかきけされた!」

「なっ、なんだってー!」

もしかしたら、私と同じようなことを体験された方がいるかもしれません。

結局ゲマに負けて、パパスは「ぬわーーっっ!!」ですよ。

時間をかけてストーリーを進めても、セーブデータが消滅

私だけではないと思うのですが、ドラクエⅤのセーブデータは消えやすくないですか?

私のドラクエⅤのソフトは、大体グランバニアに初めて到着したところか、あるいは選んだヒロインが石像にされている大神殿の場所でセーブデータが消えるんですよね。

何回やり直しても消えてしまうセーブデータ…。

皆さんは、SFC版のドラクエⅤをクリアされましたか?

私は結局クリアすることが出来なかったのですが、それでも当時は楽しめたので満足はしてましたね。(だいぶ落ち込んでいた気もしなくはないですが…)

何だかんだで、ドラゴンクエストⅤは名作ではあるんですけどね。

追記: 数年後、ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁をクリアする

月日は流れ、ドラクエVの事をすっかり忘れていたある日、再び思い出すきっかけがありました。

何と、PS2でリメイクされて発売されていたんです。

もう、速攻購入しましたね。

そして、今度は安心できるメモリーカードのおかげでクリアしました!

なお、選んだヒロインはフローラです。

ビアンカ、すまない…。