ゲーム

【SFC】天地創造は名作に相応しいゲームですよ

どうも、音無です。

急ですが、『天地創造』は名作と言っても過言ではないゲームですね。

なぜなら、世界観やゲーム上のBGM、それにストーリーも最高だからです。

ですが、天地創造が発売された時期が悪かった・・・

と、言うのも、『ドラゴンクエストⅥ 幻の大地』や『クロノ・トリガー』など、その他にも名作と呼べるゲームが発売されていた時期だったんです。

なので、天地創造は埋もれてしまったゲームになるんですよね。

そこで今回、天地創造という隠れた名作を語っていきたいと思います。

名作 天地創造のストーリー

天地創造は、かつて存在した株式会社クインテッドが開発し、1995年10月20日にエニックス(現スクウェア・エニックス)より発売されたスーパーファミコン(SFC)用のアクションロールプレイングゲーム(アクションRPG )です。

プロローグストーリー

かつてこの星には光と闇の戦いがあった。

二つの力は、この星の地裏からすべてのものを消し去り自らも深い眠りについた……

地裏という世界にあるちっぽけな村「クリスタルホルム」。

ここに暮らす少年アークは、ひょんなことから村の外へ旅立つこととなる。

村人を助けるための旅は、いつしかこの星を復興するための旅へと変わっていく。

大陸を、生命を、文明を取り戻しながら旅を続けるアーク。その先でアークを待ちうける大いなる運命とは……!?

天地創造

天地創造は、序章から始まって4章で終わる構成になっています。

・序章「旅立ち」・2章「世界の復活」・3章「天才の復活」・4章「英雄の復活」ですね。

序章は、アークが暮らす地裏の世界『クリスタルホルム』から始まるのですが、外に出るための出口がないので村の中を探索するしかありません。

とはいえ、直ぐにイベントが始まって外に出れるようになりますよ。


天地創造は外の世界に出た時のBGMが素晴らしい!

初めて外の世界に出た時のBGMときたら、すごく良いんですよね。

旅立ちというのですが、まさにこれから冒険に旅立つに相応しいBGMです。

天地創造は何気に勉強になるストーリー

天地創造は、何気に勉強にもなるストーリー構成になっていますよ。

オリジナル要素もあるのですが、実際に存在する大陸や地名、人物が盛り込まれているんです。

例えば、地裏の世界では試練の塔1~5をクリアして、大陸を解放していきます。

解放される大陸は、実際に存在するユーラシア大陸・南米大陸・アフリカ大陸・北米大陸・オーストラリア大陸の5大陸ですね。

私は小学生の時に初めてプレイしたので、楽しく勉強している感じでした。

あと、見落としがちになるのですが、試練の塔5をクリアすれば隠しエリアが解放されるんですよ。

場所は、フィールド上で試練の塔4の下の方と、試練の塔3を真上に進めば見つけることができます。

この二つの隠しエリアでは、ポリネシア諸島・ムー大陸を解放することできるので、ぜひ行っておくべき場所ですね。

将来的にも、役に立つアイテムが手に入るので。

戦闘の仕方

肝心の戦い方ですが、ダンジョンに入るとアクションになります。

戦闘システムは、「聖剣伝説」に似ていますね。

なので、戦闘での操作はしやすいゲームですよ。

ただ、謎解き要素があるゲームなので、考えないと進めない場所もいくつかあります。

いざ、地表の世界へ!

地裏の世界をクリアすると、ストーリー上ほとんどを行動することになる地表の世界に降り立つことになります。

地表の世界とは、試練の塔で解放した各大陸ですね。

ですが、大陸が復活しただけであるため、生命は誕生していない世界なんです。

なので、ぺんぺん草の一本も生えていません。

重要なことなのでもう一度言います。

ぺんぺん草の一本も生えていません。

よって、第2章「世界の復活」では、この世界に植物や鳥類、動物に人間を誕生させるのがアークの使命になります。

第2章「世界の復活」

進めて行く上で気をつけておきたいポイントといえば、『言葉』ですね。

人間が誕生していない状態のときは、誕生させた植物や鳥類、動物と会話ができるんです。

ですが、人間が誕生すると、植物・鳥類・動物の言葉が分からなくなります。

特に困るのが、鳥類ですね。

大陸の移動手段として、鳥類にはお世話になります。

しかし、言葉が分からなくなると、どの鳥がどこまで送り届けてくれるのかを覚えておかないと間違えてしまうんです。

なので、言葉が通じているうちに把握しておく方がいいですね。

第3章 「天才の復活」

人間を誕生させると、第3章「天才の復活」へ突入します。

この章では、世界各地を巡ることができるようになり、文明の発展や人助けをしてストーリーを進めて行くことになります。

この3章が、最も長いストーリーになりますよ。

色々サブイベント的なものもあるので、やりこみ要素満載です。

そして、プレイされたことがある方なら、このボスに泣かされたと言う人は多いのではないでしょうか?

その名も、「ブラッディマリー」。

このボスは、本当に強かった・・・

ダメージを与えることが本当に困難です。

もう、逃げ回ってましたね。

私はレベル23ぐらいまで上げて挑みました。

それでも、回復アイテムはほとんど使い切ってしまいましたよ。

プレイされたことのある皆さんも、とても印象に残ったボスなのではないでしょうか。

天地創造を進めるうえで困った所と言えばここ!

ダンジョンやボスの攻略は、時間をかけてレベル上げをすれば何とかなります。

ですが、「何をすればいいか分からない!」

この問題、下手をすればストーリーを進められません。

そして、詰みます。

私の場合、ペンギンランドの場所で何をすれば良いのかが分からなかったと言うことがありました。

実際、何をすれば良いのかというと、ルワールの花売り娘からきれいな花を購入し、装備した状態でペンギンに話しかけるんですよ。

これは分からなかったです。

もう、攻略本を持っている友達に聞きました。

第4章 「英雄の復活」

ここまで進めれば、もうクライマックス目前です。

最後は何と言ってもあの方ですよね。

最初、地表に行くきっかけになった人物です。

あえて、誰かは言わないでおきます。

ラスボスを倒せば、感動のエンディング。

この感動は、実際にプレイして体験していただきたいです。

天地創造、まさに名作と呼ぶにふさわしいゲームですよ。

個人的には、リメイクをしていただきたい作品です。

以上です

created by Rinker
エニックス