ゲーム

平成最高のゲームは『クロノ・トリガー』【間違いなく名作です】

どうも、音無です。

ゲーム雑誌を発行しているファミ通が、平成に発売されたゲームの中から最も心に残った最高の一本を読者に選んでもらうアンケート実施していました。

アンケートは7000人以上からの回答があったそうで、見事最高の一本に選ばれたのは「やはりな」というゲームでしたね。

で、実際1位に輝いたゲームのタイトルですが、1995年3月11日にスクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売された『クロノ・トリガー』です。

クロノ・トリガーは、ほとんどの方が知っているのではないでしょうか。

とはいえ、時代の流れから知らない方もいるかもしれません。

なので、若干ネタバレになる所もありますが、軽く説明しながら話を進めたいと思います。

ちなみに、2位に選ばれたのが、任天堂より2017年3月3日に発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

そして3位が、2017年2月23日にスクウェア・エニックスより発売された『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』でした。

平成最高のゲーム『クロノ・トリガー』

クロノ・トリガーは、1995年3月11日に、スクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売されたスーパーファミコン用(SFC)ロールプレイングゲーム(RPG)です。

今でこそ、プレステーションやニンテンドーDSなどの機種で低価格でプレイできるように移植されていますが、当時は本当に高かったようです。

何と、価格は11,400円(税別)もしていたんですよ。

当時のSFCソフトは、9,000円~12,000円が当たり前だったとのこと。

私は親戚のお兄さんが持っていたのを貰ったのですが、普通であれば簡単に買える価格ではないですね。

ほんと、感謝です。

クロノ・トリガーの始まり

クロノ・トリガーの始まりは、主人公の『クロノ』が暮らすガルディア王国歴1000年の現代からになります。

クロノの時代では、ガルディア王国の建国1000年のお祭りが開催されており、幼なじみである『ルッカ』が発明した催しを見に行くため、リーネ広場に向かっていました。

すると、とある少女とぶつかってしまうことに。

少女の名は『マール』。

この出会いが、冒険の始まるきっかけとなるわけです。

仲間との出会い、そして冒険

クロノ・トリガーで仲間になる人数は7人。

名前だけ挙げると、『マール、ルッカ、カエル(グレン)、ロボ(プロメテス)、エイラ、魔王(ジャキ)』ですね。

上記のメンバーで、ストーリーを進めて行くことになります。

さて、プレイされたことのある方は、メインで行動するメンバーは誰なんでしょうか?

私は、カエルにエイラをメンバーに入れてましたね。

なぜなら、エイラは魔法が使えませんが、個人技や連携技が強いと考えたからです。

あと、捕虜となった時でもこぶしで戦えるので、スムーズにストーリーを進めるためにパーティーに入れていました。

ですが、これはストーリーが分かってないと出来ない選択ですね。

ちなみに、エイラがメンバーにいない状態で捕虜になれば、敵に見つからないように進めないといけないので、少し面倒です。

カエルをパーティーに入れていた理由は、全体的に能力が高いからです。

ですが、一番の理由は何と言っても、親友『サイラス』とのイベントが良かったからでしょうか。

サイラスとのイベントで、グランドリオンが覚醒したときには感動しました。

これは余談ですが、サイラスのイベントで魔王をパーティーに入れたらどうなるのか?

気になったので実際に試してみたのですが、特にコメントはなかったですね。

残念。

クロノ・トリガーはBGMが良い

ストーリーも良いですが、各エリアで流れるBGMも素晴らしいです。

今でも時々聴いてますよ。

どの場面のBGMもすごく良いのですが、個人的には中世の時代で流れるBGMが好きですね。

BGMのタイトルですが、風の憧憬(かぜのしょうけい)です。

ついついこの場所に訪れると、BGMに聴きいってしまうんですよ。

そして次に好きなBGMが、魔王決戦。

あまりにもBGMが良すぎて、戦いに集中できないのが痛いところ。

そして、魔王に倒されてしまうんです・・・

魔王、強いですから。

クロノ・トリガーのまとめ

何はともあれ、クロノ・トリガーが平成最高の一本として選ばれるのも、頷ける名作です。

クロノ・トリガーをプレイされたことのない方、また気になっていた方にはおすすめできるゲームなので、機会があればぜひプレイしてみてください。

created by Rinker
スクウェア