防災の備え

災害時の非常食は何日分必要なのか?【最低3日分です】

【解決】災害時の非常食は何日分必要なのか?【最低3日分です】

災害に備えて非常食を買いたいけど、どんな商品がよくて何日分必要なのかな?理由も含めて知りたい!

このような疑問に答えます。

昨今の日本は地震、台風、大雨などの自然災害が多いことから、災害に備えて非常食を備蓄する家庭が増えてきているそうです。

ただ、どのような商品を何日分必要なのかと疑問に思っている人がいるのも事実です。

何日分だけの結論を先に伝えると、災害に備える非常食は3日分は必要です。

ですが、住んでいる地域によって7日分の非常食を備えた方が良い場合もあります。

そこで、災害時に適した商品と、なぜ3日~7日分の備えが必要なのかをご説明していきたいと思います。

災害時の非常食はなぜ3日分必要なのか?

災害時の非常食は、なぜ最低3日分必要なのか?

実は、災害が発生したときの状況が関係しています。

ライフラインの停止を想定している

大災害が発生した場合、生活する上で必要なライフラインが停止することがあります。

すると、電気、水道、ガスが使えなくなるため、復旧を待たなければいけません。

ただ、ライフラインの復旧は被害の影響によって時間が異なります。

数時間で復旧することもあれば、数日かかる場合もあるんです。

最低3日分は備えないと生活が厳しい

上記でお伝えした通り、ライフラインの復旧には時間を必要とする場合があります。

ただ、ライフラインの停止中でも生活はしないといけないですよね。

そこで、スーパーなどで食料品を購入しようとしても、人が殺到して売り切れになっている。

あるいは、臨時休業で購入できないこともあるんです。

もし、自宅に食料品がなければ生活が厳しくなります。

そのため、ライフラインの復旧や生活物資の搬入を想定して、最低でも3日分の非常食を備えておく必要があるんです。

大人1人が必要とする非常食の3日分の目安

具体的には以下の通りです。

  • 非常食:大人1人が3食を食べる場合は1日1500kcal~1800kcal
  • 飲料水:大人1人が必要な水の量は1日に3リットル

大人1人が3食の食事をする場合、1日に1500kcal~1800kcalを摂取することで、極端な体力の消費を抑えることができます。

そして、飲料水は1人当たり1日3リットルを目安に3日分を備えると、水分不足に陥る状況を抑えることができますよ。

災害時のために備えておきたい非常食

災害時のために備えておきたい非常食

非常食と飲料水があれば、災害時でも最低限の食事や水分を補給することができます。

そこで、どのような非常食を備えるべきかを以下の項目でご紹介していきます。

サントリー 南アルプスの天然水 2L×9本

非常食は大事ですが、飲料水の備えも重要です。

なぜなら、人間は水だけの摂取でも、2~3週間は生きることが可能だと医学的に言われています。

ただ、一滴も飲むことができなければ約4~5日しか生きることができないので、必ず備えておく必要があるんです。

そのため、1人当たり1日3リットルを目安に3日分は備えておきたいところですね。

賞味期限も、基本的に2年以上は有効ですよ。

内容量:2L×9本
原材料:水(鉱水)
カロリー:0kcal/100mlあたり
硬度 : 約30mg/L (軟水)
ブランド:Restock
メーカー名:サントリー
原産国:日本
採水地:山梨県北杜市白州町
賞味期限:製造より24ヶ月

Defend Future【栄養士×防災士監修】5年保存の非常食セット

Defend Futureの非常食セットは、栄養士と防災士が協力して考案されています。

ストレス緩和や栄養バランスに考慮されたコンセプトで揃えられているので、災害時でも安心した食事をとることができますよ。

保存は5年間できるため、備蓄用の非常食としておすすめできます。

Defend3日分内容※5日分、7日分も販売されています。

■主食 アルファ米
白米(260g)x3、わかめごはん(260g)x1、五目ごはん(260g)x1、チキンライス(260g)x1、田舎ごはん(260g)x1

■パン
新食缶ベーカリー(Egg Free プレーン)、新食缶ベーカリー(オレンジ)

■おかず
ハンバーグ煮込み / 牛丼の具 /中華風ミートボール / 野菜カレー

■汁もの
即席味噌汁x1、オニオンスープx1、卵スープx1、野菜ジュースx1

■おやつ
パワーブーストようかん

■水
非常用5年保存水 「EMERGENCY」(2L)

尾西食品 アルファ米 (非常食 5年保存)

5年間保存でき、水でも作ることのできる尾西食品のアルファ米保存食セットです。

特徴としては、お湯の場合は15分水の場合は60分で「ご飯・おかゆ」を作ることができることですね。

そのため、温める手段がなくても水さえあればお腹を満たすことができますよ。

アルファ米シリーズ12種類※10種類も販売されています

白飯、五目ごはん、わかめごはん、田舎ごはん、松茸ごはん、赤飯、山菜おこわ、白がゆ、梅がゆ、ドライカレー、チキンライス、えびピラフ

MT-NET 【防災専門店の 非常食セット 】 非常食 3日分

3日分の非常食が揃えられた、「防災専門店MT-NET」の商品です。

4年以上の保管ができる非常食が揃えられており、主食となるマジックライスの他に、フリーズドライスープ、缶入りソフトパンなどが入っています。

「試しに買ってみようかな?」「3日分で大丈夫!」と思われる方に、おすすめできる非常食セットです。

非常食3日分セット内容

主食:サタケ マジックライス×6食

LLF ロングライフフーズ:長期保存食×3食

防災備蓄食:フリーズドライスープ×3食

缶入りソフトパン×3缶【e-パンまたは、新・食・缶ベーカリー】

ブルボン保存食×1缶 ◆えいようかん5本入り×1 ◆アルミシート×1枚

新食缶ベーカリー 缶入りソフトパン 備蓄食 長期保存5年間

「パンも備えておきたい!」と言う方には、災害時でも食べることのできる新・食・缶ベーカリーの缶入りソフトパンをおすすめします。

「とても缶入りのパンとは思えない!」と購入者から絶賛されるほどのおいしさで、人気のある商品ですよ。

なお、賞味期限は5年です。

6缶セット

コーヒー・オレンジ・黒糖 各2缶

災害時の非常食は、最低でも3日分を用意しよう

災害の発生にはライフラインの停止が考えられ、焦ってお店に買いに行っても人が殺到して売り切れていることがほとんどです。

そのような時でも、事前に非常食を備えておくことで安心感と満足感を与えてくれます。

そのため、災害を想定した非常食の備えには、最低でも3日分の用意をしておくことがベストです。

ただ、災害によっては被害が甚大となることもあります。

これに対し、内閣府のホームページでは余裕をもって7日分の非常食を備えておくことを推奨しています。

そのことから、災害時の非常食は最低3日分、または7日分を目安に備えを検討してみてください。

今回はこれで以上です