ライフ

賃貸マンションの1階に住んで分かった、メリットとデメリット

どうも、音無です。

私は学生から社会人になったと同時に、賃貸マンションで一人暮らしを始めて、何年か1階に住んでいたことがあるんです。

ただ、1階って結構メリットとデメリットがあるんですよ。

あくまでも、私が1階に住んでいて感じたことですが…。

まぁ、分譲であれ賃貸であれ、1階に住んでいる、あるいは住んでいたなら同じ経験をしている人がいるかもしれません。

そこで今回は、私が賃貸マンションの1階に住んで感じたメリット、デメリットについて書きました。

賃貸マンションの1階に住んで分かったメリット

私が1階に住んでいたことでのメリットを挙げていくと、下記のようなことがありました。

1:賃貸料が2階に比べて安かった

2:エレベーター、階段を使わなくていい

3:郵便ポストの確認、ゴミ捨てが楽

4:1階なので下の住人に物音の配慮をしなくてよい

5:買い物をしたとき、荷物の搬入が楽

1:賃貸料が2階に比べて安かった

必ずではありませんが、賃貸マンションは2階に比べて1階は賃貸料が安いです。

私の所は、階数が上がっていくごとに+6,000円高くなっていました。

当時、社会人になりたての私にはもの凄く敷居の高い価格でしたね。

なので、賃貸料を抑えたい場合は1階がお得な場合が多いです。

2:エレベーター、階段を使わなくていい

1階以上に住むと、どうしてもエレベーターや階段を使う機会が多くなります。

ですが、1階に住んでいればほとんど使う機会はないので楽ですね。

実際、私は結構長い期間1階に住んでいたのですが、エレベーターと階段を使ったのは、引っ越ししてきたときの1回だけでした。

ちなみに、なぜ利用したのかと言うと、当時借りたマンションは新築で、私が住人第1号だったからです。

3:郵便ポストの確認、ゴミ捨てが楽

郵便ポストは1階に設置されていたので、郵便物の確認が楽でした。

2階から住んでいる人って、おそらく何かしら外出しての帰りでしか確認しないと思います。

ですが、1階ならこまめに確認がしやすいので良かったです。

あと、ゴミ捨てが楽なのが良かったかな。

ちょっとしたゴミを捨てたいとき、1階なのでパパっと捨てに行けました。

なので、部屋にゴミが溜まりにくかったです。

4: 1階なので下の住人に物音の配慮をしなくてよい

生活をする上で気になるのが、「生活音」ですね。

1階以上に住むと、ある程度下の階の住人に配慮しなければいけません。

例えば足音です。

部屋の中を歩かず生活することは、基本的に難しいです。

そして、余りドタバタ歩いていると苦情が来る可能性もあります。

しかし、1階に住んでいれば、少なくとも下に住人はいないので、両サイドの住人だけ配慮しておけば問題ないですよ。

5: 買い物をしたとき、荷物の搬入が楽

買い物だけに限らず、引っ越しなどによる荷物の搬入がとても楽です。

多少大きな物を買っても搬入しやすい上、場合によればベランダから搬入できるので楽でした。

もし上の階に住んでいたら、エレベーターや階段を使わないといけないし、他の住人と鉢合わせでもしたら、気を遣わないといけないこともあります。

賃貸マンションの1階に住むデメリット

1階に住んでいて良かったこともあれば、当然困ったこともありました。

具体的には以下の通りです。

1:部屋の中が外から丸見え

2:ベランダに干した洗濯物が見える

3:防犯面に気を遣う

4:花壇の花の根と虫が侵入してくる

5:周りの建物に太陽の光を遮られて暗い

1:部屋の中が外から丸見え

1階に住んでいると良くあることですね。

私の住んでいたマンションの1階は、カーテンを開けると外から部屋の中が丸見えでした。

道路から見えないだけマシではありましたが、ベランダの外はマンションの駐輪場と駐車場になっていたんです。

そのため、部屋の中が見えないように年中カーテンは閉めた状態でした。

2:ベランダに干した洗濯物が見える

ほとんどの方は、洗濯物をベランダに干すと思います。

私の場合は洗濯物をベランダに干していました。

ただ、どうしても干している洗濯物が見えてしまうときがあるんですよ。

なので、1階に住む場合は洗濯物が見えないよう注意する必要があります。

3:防犯面に気を遣う

1階は2階と違い、侵入しようとすれば簡単にできます。

なので、空気の入れ替えや少しだけカギを開けたまま外出してしまうと、2階に比べて防犯性が低くなるんです。

だからこそ、結構防犯面には気を遣いました。

4:花壇の花の根と虫が侵入してくる

私が借りていたマンションには、ベランダのすぐ前に花壇がありました。

そのため、花壇に植えられていた花の根が、すごい勢いで伸びてきたんです。

そして、ベランダの壁を伝って花の根が侵入し、定期的に手入れをしないと伸び放題でした。

ちなみに、私の隣に住んでいた住人は全く手入れをしていなかったので、ベランダと窓が根で覆われていました…。

あと、困ったのは虫ですね。

虫の出現率が非常に高く、特に夏場は悲惨でした。

おまけに目の前が花壇だったので、余計に虫の出現率が高く感じたんです。

ある時、夏場に洗濯物を干して外出したのですが、帰ってきて洗濯物を取り込もうとしたら、トノサマバッタが引っ付いていました。

子どもの頃ならいざ知らず、当時の私にはただただ恐ろしかったですね。

その他には、「テントウムシが付いていた」「窓を開けた瞬間にゴキブリが侵入」などを体験しました。

なので、1階に住む場合は虫対策が必要です。

5: 周りの建物に太陽の光を遮られて暗い

立地にもよりますが、周りの建物に太陽の光を遮られて暗かったです。

夏場は良いかもしれませんが、冬場になってくると薄暗いし、何より洗濯物が乾きにくいんですよ。

なので、太陽の光を取り入れたいなら、1階がおすすめできない場合もあります。

賃貸マンションの1階に住んで分かった、メリットとデメリットのまとめ

他にも賃貸マンションの1階に住むメリットとデメリットはあるでしょうが、私の場合は記事に書いた通りです。

もし、賃貸マンションの1階に住むことを検討されている方は、参考になればと思います。